[画像レビュー] Q800 Bluetoothヘッドセットは意外に使いやすくイヤホンの新境地を感じた

ヘッドセットといえばどんな形を想像しますか?

・・はい、そうですね、あのオペレータの人がつけているようなマイクの飛び出たヘッドホン。

今回紹介するのは、ヘッドセットという分類にするのは完全にもったいない、高い性能を持ったSoundPeatsのQ800です。今やヘッドセットもイヤホンもだいたいマイクついてるし、ほとんど差がないといえばないんですけどね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

開封

wpid-wp-1443026583464.jpeg

パッと見何かわからないでしょう。このパッケージ。商品名も書いてなければ写真もない。FOR AMAZON.COMと書いてあるし、いわゆるストレスフリーパッケージですね。

4.0とかaptXとかいう字を見て、分かる人は分かるかもしれない。

wpid-wp-1443026587010.jpeg

こんな感じです。まず見た目ですよね。見た目が全てを語っている。ちなみに重さは全然感じないですね。おもちゃみたいに軽い。

wpid-wp-1443026590585.jpeg

中身も非常にシンプル。本体に、交換用イヤーパット、説明書、充電ケーブル。それだけです。

いい所が沢山ある斬新なつくり

スイッチがスライド式

まず、ボタン配置を見てみましょう。

wpid-wp-1443026594336.jpeg

右側に音量調節と通話ボタンがあり、サイドにはスイッチと充電ポートがあります。

wpid-wp-1443026602365.jpeg

この電源スイッチですが、なんとスライド式なんです。ボタンで長押しとかじゃあないんです。これがなんと便利なことか!!いままでこういうスイッチがなかったので気付かなかっただけなのか!と思ったくらいベンリ。使いたいときにサッとスイッチ入れ、今、切りたいという時に物理的にスッとオフに出来る。

この商品の一番のメリットといってもいいくらい使うとその快適さにハマります。

Bluetoothなので、音楽を聴いていたとしても、スイッチを切るとペアリングがオフになるので、音楽も自動的に一時停止になります。1度ペアリングさえしておけば、スイッチを入れると勝手につながり、スイッチを切ると勝手に音楽も止まる。もう、サイコーです。しかもスイッチオンオフで、パワーオンやオフ、電池残量などを音声アナウンスしてくれます。

wpid-wp-1443026598467.jpeg

反対には曲送りボタンが配置されています。

大型化による高スペック

筐体が大きいからか、音楽なら10時間、通話なら12時間、待ち受け100時間と、かなりの電池容量があります。毎日1,2時間使う程度なら1週間くらい充電いらないほど。Bluetooth4.0なので電力消費も低いというのもあるでしょう。また、aptX規格に対応しており、音質も良いものになっています。

ファッション性あふれるつくりでオシャレの一部に

まずこの形が、好き嫌いはっきり別れると思います。ただ、思ったよりファッショナブルです。イヤホンは磁石でネックレス部分に収納(というかひっつく)ようになっていますから、使わない時は磁石で収納してそのまま活動出来るわけです。カタチ的にもヘッドホンを首にかけているようなスタイルになります。結構スタイリッシュです。ヘッドホンは耳にあてる部分が邪魔で実際は首に巻いていると結構ウザくなりますが、これはそんなことないです。全く普通につけたまま生活出来ます。使うときはサッとイヤホンを耳にはめる。慣れると非常にストレスフリーです。

ガサガサ言わない!スポーツに最適

wpid-wp-1443026606828.jpeg

このようなケーブル配線になっているため、イヤホンのケーブルが直接体に触れません。触れたり離れたりしません。つまりどういうことかというと、ガサガサカサカサいわないということです。イヤホンしていると、服とケーブルがこすれるノイズが結構入ってきます。これは他のBluetoothイヤホンでもそうです。首と触れる部分がガサゴソいうのは避けられないんですが、それを避けているんです!これはなかなかスゴイ。

そうするとですね。スポーツに向いているということなんですね。走りながら使用していても、擦れるノイズが圧倒的に減ることになります。スポーツウェアとも違和感ない見た目ですし。スポーツする人には絶対おすすめです。

音は低音重視でバランスをとっている

さて、音質はどうなのかということですが、さすがはaptXといっていいのか、私のAndroidのスマホで聴く限りは非常に良いです。Bluetoothとは思えないほど。

音は明らかに低音寄りです。低音がかなり豊かに出ます。不思議。いい音出るので、その低音に合わせてバランスとってつくりこみました、というような音になってます。ボーカルのさ行は少し刺さる感じですかね?まだあまりエージング出来ていないので、もうしばらく様子を見たいと思います。十分音楽聴くイヤホンとして使えそうです。

気になるところ

首掛けのものと相性が悪い

使ってみると細かいところでたまらなく便利なこの形ですが、やはり、肩掛けのかばんなどとは相性が悪いです。

というか、悪すぎます。とたんに使い物にならなくなります。ま、当たり前の話です。首周りがごちゃごちゃすると、イヤホンのケーブルとからまることもあります。なので、スポーツなどは相性がいいですが、かばんやカメラなど、首や肩にかけて使うものとは一緒に使わないほうがいいですね。

磁石が弱い

イヤホンを使わない時に磁石で収納出来る、というのはすばらしいアイデアだと思います。実際便利です。面倒じゃないので。

ただ、若干磁石が弱いです。激しい動きや、ちょっとした衝撃で磁石が外れて、イヤホンがぷらーんとなります。あまり強くすると、音に影響を与える等必ず弊害はあるでしょうからきっと限度はあるのでしょうが。収納に関してはまだ改善の余地があるんじゃないかなと思いました。

wpid-wp-1443026609609.jpeg

使用中は、電話マークのところがLEDになっているので青く明滅します。ペアリングは青と赤が交互に点滅、充電中は紫になります。こういうのは個人的には好きです。

家でのヘッドセットや電話用、スポーツ用から音楽まで、わりと万能に使えるヘッドセット、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

SoundPEATS(サウンドピーツ) bluetooth イヤホン 高音質 ハンズフリー スポーツ仕様 生活防水 イヤホン bluetooth ワイヤレス イヤホン ワイヤレスヘッドホン bluetooth ヘッドホン ヘッドセット イヤフォン ヘッドフォン Q800 (ブラック)

新品価格
¥2,699から
(2016/3/7 00:10時点)

3000円以内で買えるコスパ最強イヤホンはフィリップスSHE9710一択
iPhoneで音楽を聴くにあたり、付属のEarPodsの音質が自然でとても良く、私好みの音だったので気に入ってずっと使っていました。しかし、...
ゼンハイザー HD598(通称プリン) 買って損なし! レビュー(画像あり )
・・・買ってしまいました。 とうとう、買ってしまった。。 というのも、以前USB-DACの記事で せっかくDAC買...
[写真レビュー] Bluetoothイヤホン QY7は通話も出来てaptX対応で音質もコスパも抜群
これはイイ!無線イヤホンってこんなに便利なんですねー。かなりのハイスペックで非常に安いこのイヤホンは非常に人気のようで、この度入手したSou...
[写真レビュー] Bluetoothイヤホン Q9  とにかくずり落ちないつくりで長時間装着でも疲れない
Bluetooth対応イヤホンはQY7を所有しており、結構音も良く使い勝手がいいですが、新商品のQ9と比べてみたいというのもあり入手いたしま...
SoundPEATS(サウンドピーツ) カナル型 M20 レビュー 2000円以下とは思えない音質
イヤホンって、色々試したい割に種類が多すぎて、結局安いイヤホンをコツコツ試したりしてます。今回紹介するM20は2000円以下で買えます。開封...
bluetooth スピーカー TaoTronicsがNFC対応でコスパ抜群な件
bluetoothのスピーカーがそろそろ欲しくて、色々調べた挙句、アマゾンで☆5という 信じられない怪しすぎる商品を見つけた。 bl...
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です