ブルーLEDマウス MA-WBL26BKRを買ったのでレビュー&感想

初めてブルーLEDマウスを買ったのでレビューしたいと思います。

私はトラックボール派なんですが、必要に駆られてさらにマウスを買う必要が出てきたのですが、トラックボールって結構お高いんですよね。事情があって2つ買う必要があったのと、お恥ずかしながら青色LEDのマウスがあるということを、この2015年になるまで知らなかったということもあり、買ってみました。

早速開封からレビューしていきたいと思います。

ちなみに、トラックボールは今のところM570t一択だと思っています。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

新品価格
¥4,190から
(2016/3/28 23:15時点)


ただ、6千円くらいするんですよね。本記事と真逆のタイトルですが(汗)こちらの記事もご参考にどうぞ。

マウスでなくトラックボールを使うべき3つの理由とおすすめトラックボール

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

開封

2つ買ったのですが、もう一つはまた改めて記事にしたいと思います。

今回はサンワサプライのブルーLEDマウス。ダブルクリックボタンもあるという高機能なものです。

素晴らしい売り文句

素晴らしい売り文句。買わざるを得ない

お値段はAmazonで1800円ほど。ブルーLEDで色々な機能がありそうなのにかなりお安い。はたして大丈夫だろうか。

裏面。青い光やセラミックソールというカッコイイ単語。買わざるを得ない

裏面。青い光やセラミックソールというカッコイイ単語。買わざるを得ない。電池まで付いている!

なんと電池までついてました。素晴らしい。すぐに使えそうです。さっそく開封してみましょう。

色が・・・・か、カッコイイ。。

色が・・・・か、カッコイイ。。

出てきたのはこれら+説明書。シンプルですが、マウスには色々ボタンがあって、パッと見わからないものも。

ここで機能をまとめておきます。

・ダブルクリックボタン搭載・・・左クリックの隣にあり、押すとダブルクリック出来る。

・ブルーLEDで高感度センサーとなっている

・重さを感じさせない高耐久性セラミックソールがあり、なめらかに動く

・2.4GHzワイヤレスマウス

・マウス本体にレシーバー収納可能

・マウスのボタン構成
 -左右クリックボタン
 -進む戻るボタン
 -ダブルクリックボタン
 -スクロールボタン
 -カウント切り替えボタン
 -ID再設定ボタン
がある

・対応OS:Windows 8(64bit/32bit)・7(64bit/32bit)・Vista・XP・2000Mac OS X(10.2以降)※Mac OS X(10.3以降)

・単4電池2本

・電池寿命およそ3.5ヶ月

・カラーバリエーションは6色もある。今回買ったのはブラック×レッド。
それでは早速スイッチを入れてみましょう。

oooooh! blue! blueeee! L E D! L E D!

oooooh! blue! blueeee! L E D! L E D!

神々しいブルーの光・・・これがいまどきのマウスなのか。マウスの四隅にあるのがセラミックソールです。つるつるテカテカしてます。固いです。

早速使ってみると・・・うん、いいですね。感度もよく、問題ない感じです。ただ、セラミックソールの良さというのはそこまでわからないです。。特段なめらか、というほどでもないような。というか、若干底をひきずりかけです。真平らな場所かマウスパッドがあれば問題ないでしょうが、セラミックソールの高さが少しだけ足りない。ま、普段はマウスパッドをひいているのでよしとしましょう。なくてもまぁよっぽど神経質な人でない限り大丈夫でしょう。そこまで神経質な人がこのマウスを買うとも思えませんが・・

おしりのロゴフォントもおしゃれでカッコイイ

おしりのロゴフォントもおしゃれでカッコイイ

私はMacOS X (10.7)です。ダブルクリックも問題なく動作します!素晴らしい!

ただ、、、進む戻るボタンが効かないです。特にドライバやソフトなどはインストールしていませんが・・・

****

説明書にWindowsのみと書いています。あちゃー・・。仕方ないですね。Windowsもあるのでそちらに回そうかな。Macの方は気をつけて下さい。

最初、分からなかったのが裏面の2つの小さなボタンです。Wifiみたいなマークのあるほうは、ID再設定ボタンといって、ワイヤレス接続がおかしくなったときに再接続設定をするためのものです。そしてもう一つが、DPIとかいたボタン。これは押すたびに分解能が1600・800カウント/インチで切り替えられます。要はポインタの動く速さが全然違うわけですね。マウスポインタの速さは設定である程度変えられますが、そこの幅とは比較にならないくらいガッツリとフィーリングが変わります。私は速いほうにして、設定で少し遅くして調度良いところで使っています。設定の幅が広がる感じですね。

触っての感想ですが、まず、手が触れる上面のところの感触が最高です。すべすべです。サラサラなマット感のあるゴム素材といった感じで、これはかなり使っていて心地良いです。マウスは長く肌に触れる物ですから、この点はかなりいいです。

もう1点は、これは私のカラーのみの話ですが、カラーリングがとても綺麗です。ブラックレッドの、このレッドの色味がとても綺麗でブラックに対するワンポイントとしてすごくおしゃれ。

マウスの大きさは少し小さいです。私は小さいマウスが好みなのでちょうど良いですが、これは好みが分かれそうです。ただし本体が軽いのでこれは良い部分だと思います。

惜しむらくはMacだと進む戻るボタンが使えないことですね。
※2015/06/11追記
Windows7マシンで使ってみました。進む戻るボタンも使えました。かなり便利です。IEはもちろん、メインで使っているChromeでも使えました。また、地味に便利なのがエクスプローラ。フォルダをダブルクリックボタンで深い階層まで潜った時に一つ上に戻りたいときに戻るボタンで上に戻ってくれるのはかなり使えます。やはりこのマウスはWindowsで使ってやるのが良いようですね。また、硬い平坦な机(少しザラザラしている)ところで使ったのですが、セラミックソールの恩恵をかなり受けます。まるでローラーが付いているかのような滑らかな動きをしてくれます。使う場所によってソールの発揮度合いが結構異なるようです。

いかがだったでしょうか。これだけ安くて高機能の割には、つくりもしっかりしていて個人的には満足です。あとは長期間使ってみてまた変化があれば更新したいと思います。

サンワサプライ ワイヤレスマウス ブルーLED ブルーLED ブラック×レッド MA-WBL26BKR

新品価格
¥1,531から
(2016/3/28 23:14時点)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です