[写真レビュー] Bluetoothイヤホン Q9 とにかくずり落ちないつくりで長時間装着でも疲れない

Bluetooth対応イヤホンはQY7を所有しており、結構音も良く使い勝手がいいですが、新商品のQ9と比べてみたいというのもあり入手いたしましたのでレビューしたいと思います。

それぞれBluetoothとしては破格の値段で、私としてはどちらもおすすめですが、比べてわかるというか、少し特徴も違っていましたのでそういう意味でも参考になればなと思います。

[写真レビュー] Bluetoothイヤホン QY7は通話も出来てaptX対応で音質もコスパも抜群
これはイイ!無線イヤホンってこんなに便利なんですねー。かなりのハイスペックで非常に安いこのイヤホンは非常に人気のようで、この度入手したSou...

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いざ開封!美しいレッドブラック

wpid-wp-1440852387202.jpeg

パッケージは意外とシンプルですね。ダンボールのケースに1枚かぶせているというようなシンプル包装です。まぁ、モノにお金をかけてくれているんだろうと思うことにします。

wpid-wp-1440852391917.jpeg

おおおっ・・・結構・・・デカイ・・・?というのが最初の印象。ただ、赤の発色といい、非常にカッコイイ。見た目はいい感じですね。包装は本当に素のダンボールです。

wpid-wp-1440852396390.jpeg

右上の箱に色々付属品が入っています。それ以外はこれだけ。コードも赤いのがカッコイイ。

付属品ですが、USBケーブルとイヤホンの交換パッド、クリップと、ケーブルをまとめるクリップ(右側)も付いています。

wpid-wp-1440852400718.jpeg

イヤホンのピースも赤いんですね。意外とこだわりを感じます。

wpid-wp-1440852406000.jpeg

まず、イヤホンのピースをみてください。若干、赤い色が透けて見えますよね。少しだけスケルトンになっているゴム素材なんですよ。これが地味にカッコイイ。まぁ、耳にいれてしまえば見えないところなんですが。。

基本は黒ですが、赤いシャープなラインがカッコイイ。ボタンは上側に3つあります。真ん中が無印で左右に+と−の表記があるので、おそらく真ん中が電源で、左右が音量でしょう。こんなところに3つボタンならべて使いやすいのだろうか・・・

wpid-wp-1440852410586.jpeg

ひっくり返して下側。充電するところがここにあります。その隣にマイクの穴もあります。右下にある穴は、LEDです。充電やペアリングの際はここが光ります。

すべての機能が右側のイヤホンに搭載されています。左のイヤホンは何もない様子。

ところがですよ、これ、めちゃくちゃ軽い!なので左右のイヤホンで重さの違いはまったく感じません。すごいなコレ・・電池とか本当に入っているんだろうか。。

wpid-wp-1440852418905.jpeg

このイヤホンは、耳にひっかけるタイプです。スポーツという名前が入っているだけあって、しっかりと装着できそうですね。耳のひっかける部分ですが、結構柔らかくてぐにぐにしています。

wpid-wp-1440852421887.jpeg

ぐいっと広げて、耳に装着します。これがすごいフィット感!たしかにこれだと走っていても落ちないです。ためしにヘッドバンキングしてみましたが、へっちゃらですよ!

音は長時間の視聴に負担をかけない優しめの音

さて、肝心の音ですが、本製品はapt-xに対応しており、音質は悪くないだろうとは思っていましたが、これは予想外にQY7と違っていました。なんというか、ドンシャリがキツイのがQY7だとすると、わりと角のとれた優しめの音です。同じメーカーでも、結構音が違うんですね。スポーツ用って、ジョギングなどを想定していると思うんです。そうすると、長時間つけっぱなしで走りこみをする場合、あまり低音が効いたドンシャリだと耳に負担をかけてしまいます。ところが本製品はわりと優しい音なので、長時間聞いても疲れません。人によってはすこしこもっていると感じる人もいるかもしれません。このあたりは好みなので、是非聞いてみて欲しいところですが・・。すくなくともQY7とは違っていました。

wpid-wp-1440852424743.jpeg

電源ボタンかなり長押しでペアリングモードになります。青と赤のLED点滅です。ペアリングは相変わらず簡単でした。一度ペアリングすると、後は電源オンで勝手にペアリングしてくれます。

軽い!疲れない!長時間つけてみた

このイヤホン、かなり軽いです。それもそのはず、20g程度しかありません。QY7は17gでもっと軽いですが、どちらもほとんど違いはわかりません。こちらのQ9はかなり耳にフィットしています。で、長時間つけていてもみみが痛くならない!無線イヤホンは、その構造上、どうしても有線イヤホンに音はかないません(といっても最近はとてもよくなっていますが)。なので、どちらかというと長時間つけても痛くないという指標はとても重要だったりします。

結論からいうと、このイヤホンは疲れません!なんなら、付けたまま寝ました!起きた後も耳、痛くないです。体を張ってためしましたよ。ただ、イヤホンピースはキチンと自分の耳にあうサイズに調整してくださいね。

wpid-wp-1440852427337.jpeg

充電している時も、LEDが赤く光ります。充電時間2時間で、6時間も使えます!これはすごい!この軽さの中にどうやってそれだけの電池がはいっているのか・・・これはどちらかというと、最新のBluetooth4.1ということで、消費電力が少なくてすむからというのが大きいと思います。

また、動画をみて試しましたが、遅延もないようです。動画で人がしゃべっている口の動きにちゃんと音がついていってます。スマホで動画を見るのにもいいですよ、これ。

動画も結構だらだらと長く観てしまうので・・・耳が疲れないのは、こういう時もイイ。

当然ついてる通話機能

マイクもあるので、当然通話も出来ます。電話に出たり、電話をきったり、拒否したり、曲のスキップなどひととおりのBluetooth的な操作は出来るようです。これは便利ですよね。スカイプやライン電話も当然問題なし。ランニング中に電話がかかってきてもそのまま電話に出て会話できます。このあたりはBluetoothイヤホンの特権ですよね。

いかがでしょうか。初めての無線イヤホンにちょうどいいのではと思います。また、スポーツする人には絶対おすすめですね。個人的にはこの配色も好きです。

是非こちらからチェックしてみてください。

SoundPEATS(サウンドピーツ) Bluetooth イヤホン 高音質 スポーツ仕様 生活防水 Q9A ブラック

新品価格
¥3,599から
(2016/3/7 23:01時点)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です