金田一少年を何度もリメイクするなら、銀狼怪奇ファイルをリメイクすべき3つの理由

つい最近、金田一少年の事件簿がNEOとしてリメイクされてましたね。

ただ、金田一少年を見るたびに思います。
どうして、、どうして銀狼怪奇ファイルをリメイクしてくれないんだっ!!
当時、キンキキッズのお二人がそれぞれ金田一、銀狼の主演を務めていて当時は大変話題だったと思います。

というか、山田涼介さん演じる金田一少年見てると、不破耕助/銀狼の方が絶対あってるって・・・と思うのは私だけでしょうか。

話の内容は、今では放送出来ないものもあるとは思います。ただ、ミステリーモノですので、そこはまた新たなトリックやストーリをつくるとして、設定含め銀狼怪奇ファイルをリメイクしてほしいです。そんな想いをまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

主人公の銀狼がとにかくカッコイイ

俺をナメるなよ

中2病的なかっこよさ

主人公のひとつの人格である銀狼ですが、とにかく性格が粗野です。金田一少年とは明らかに違います。IQ220の頭脳+武闘派。ただ、中2的なカッコ良さはもう唯一無二の存在です。

主人公のギャップがたまらない

主人公のおとなしい方の人格、耕助がまた銀狼の性格を引き立てるこのギャップ感が、1時間の中で抑揚をつけるドラマとしてはほんとにちょうどいい。耕助が彼なりに一生懸命頑張って、それでも越えられない壁が出てくる。そこで銀狼登場。キャーっ!素敵!

16歳の背伸びしない感じがまたいい。

頭の良さと、年齢から来る感情は別です。そこはなんというか変に大人過ぎないキャラもまたいい味が出てると思います。クサイ演技もまたよし。銀狼の口癖の、
・なるほどね
・俺に不可能はない
・俺をなめるなよ
は、当時誰もが真似をしたと思います。この辺は
・謎はすべてとけた
・じっちゃんの名にかけて
に共通する決め台詞ってやつですね。

銀狼は、ヒロインの冴子に認められたい感情とか、涙を見られたくないところとかトリックの名前をブラックマジック!と名付けちゃうこの少年感をちゃんと出しているのはいいなと思います。大人ぶった高校生とか、いかにも高校生くさい芝居した高校生の役とか、見ていてちょっとつまらないですもんね。

ストーリーがミステリーの王道で面白い

原作の超頭脳シルバーウルフ、私は持っていました。全3巻で終わってしまっていますが、正直設定以外、中身はドラマとは全くの別物です。ただ、これはこれで面白い。読んだことのない方は是非。

原作はなんと金田一少年の事件簿と同じ金成陽三郎さん

実は、金田一少年の事件簿と原作者が同じなんです。なんという!
最近ではドラマにもなっていた、あのウロボロスの輪の原作者でもあります。
その人のデビュー作が超頭脳シルバーウルフなのです!
その他で有名なのが、ミステリー民俗学者 八雲樹。これも及川光博ことミッチー主演のドラマになっていました。これも当時私は見ていました。

トリックも、目で見える実験的なものが多いし金田一とちがってダイナミックで大胆なものが多かった

トリックは結構派手。爆発やら人体発火やら。ただし、生首(マネキン)とかも出てしまうほどなので、今放送するとしたら脚本はどこまで再現できるか。

ちなみに、脇道にそれますが銀狼怪奇ファイルで演技が一番うまかったなーと私が思ったのは、野球部エースの富岡少年でした。生意気さも演技とは思えないすばらしさ笑

俺に不可能はない!!

私が一番好きなシーンは、死神に追いかけられカマを振りかざしてきて、やられるーーー!!

って時の剣で受け止める銀狼変身シーン。これはもうシビレマクリスティーです。受け止める剣のカタチもイイ。小道具のチョイスも完璧。

次点はやはり最終回の、”後はまかせた銀狼、、”のシーンですね。中2病臨界点のかっこ良さ。大人が見ても熱くなれます。


今、見たい理由がそこにはある

科学は日進月歩。現代版が見たい

サブリミナル効果等、今見れば当たり前で、しょぼいと思ってしまう部分もあると思います。それは当然です。こういう科学ネタは、いつかかならず古くなります。それだけ進歩しているということです。当時は最先端でカッコイイと思ったものです。そういう意味では、現代版の最新科学的な意味合いでも見たいなーと思います。

医学的要素もあった。今はどうか

遺伝子操作や人体改造、ミイラ化など、医学的なネタも結構散りばめられていました。こういう分野での、最新のネタも見たい。というか知りたい。

医学と化学、理系を強くする

ガリレオのドラマなんかも、おもいっきり理系ドラマで、これキッカケでそっち方面目指す人も増えたわけです。そういう意味でもいいと思いませんか。カッコイイジャニーズのタレント起用でリケジョを増やしませんか。

当時の視聴率も実はすごかった

当然、視聴率はドラマにかぎらずTVでは最重要事項といってもよいものですが、ここで当時の銀狼怪奇ファイルの視聴率をみてみましょう。
1話  19.3%
2話  20.9%
3話  18.0%
4話  22.3%
5話  19.1%
6話  19.6%
7話  19.3%
8話  23.2%
9話  22.4%
10話 23.7%
平均視聴率 20.8%
–wikiより引用

すごいですね。平均視聴率20%超え。当時の人気はすごかった。

・・バカでも少しは分かるようだなっ

来年で放送20年!今こそリメイクすべき

銀狼怪奇ファイルは1996年放送なので、2016年でちょうど20年です。是非リメイクしてほしいですね。
曲はミッドナイトシャッフル’16とかいう感じでカバーを光一さんに、エンディングで主役の人の歌、とかでどうですかね笑

銀狼怪奇ファイル~二つの頭脳を持つ少年~ビデオ全巻(1~5)セット [VHS]

新品価格
¥45,000から
(2016/3/29 23:00時点)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメント

  1. より:

    僕当時5歳?でしたけど、いっ発目の首なしライダーが印象的すぎて今でもおぼえてます。
    正直リメイクなんてして欲しくない。
    BDでリマスター?して欲しいだけです。
    銀狼は堂本光一以外ありえないです。

    でもあなたの銀狼好きには共感がもてます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です