山本屋本店で冷やしうどんを食べる!味が良くても店の名前が読めない不親切さは論外

名古屋といえば、味噌煮込みうどんが有名ですね。その味噌煮込みうどんを売りにしたお店が山本屋本店です。味噌煮込みうどん専門店といいつつも、冷やしうどんもあります。ランチで行ってきたのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

高級うどんでお漬物がついてくる

お店で注文すると、なんとお漬物がついてきました。すごい!とはいえ、味噌煮込みうどんのお店って、お漬物でるんですよね。あの味噌煮込みの味には、お漬物でお口直しがあうんですよ。なので、たとえ冷やしうどんを頼んでも出してくれるんでしょう。これは予想外でうれしかった。

wpid-wp-1440251646444.jpeg

お漬物は、ちょうどよい漬かり具合と、新鮮なお野菜を使っているのがわかる、上品な味で歯ごたえもよくおいしかったです。

ただ、山本屋本店に関しては、ごはんもお漬物もおかわりは有料のようです。これはちょっと残念。。それぞれ100円します。

wpid-wp-1440251643198.jpeg

冷やしだけでも結構メニューがある

私が行った店は、オフィス街でもあるので、ランチを狙っているのか、冷やしうどんのメニューも豊富でした。

wpid-wp-1440251649062.jpeg

どれも結構おいしそう!ただ、若干値段は高めの設定です。お漬物もついているとはいえ、うどんで1000円・・・ちょっと高いかな。量も特段多いわけでもなく、むしろ若干少ない。

wpid-wp-1440251651594.jpeg

高いなーと思った私は、とりあえずぶっかけうどんを頼みました。値段に関係なく、お漬物はついてくるようです。

特徴としては、やはりお野菜が新鮮に感じました。うどんは讃岐うどんほどコシが強くはないものの、つるつると食べるにはちょうどよい細めのおうどんです。私は讃岐うどんのようにコシの強いうどんが好きですが、この辺は好みでしょう。おいしく食べれました。

店の名前が徹底して読めず、非常に不快

伝統だかなんだかしりませんが、店の名前の文字が習字で書いたようなきったない字で、まったく読めません!私は初めて入ったので、店の名前を読もうにも読めず、検索しようにも出来ず、結局味噌煮込みうどんと住所で探しました。

本当にイライラして腹が立ちます!

客をバカにしているんでしょうか。まったく読めない字で店の名前書いて何がしたいんでしょうか。ふつう、横に小さく読めるフォントで書くとか、メニューは読めるフォントで書くとかするでしょう。それが、どこをみても全くない!!本当に腹が立ちました。ぱっと見える箸の入った袋の文字も読めないし、メニューにでかでかと書いてあるのも同じロゴで全く読めない。いちいち視界に入るし読めないしで、客に心理的な負担をかけています。店の名前がわからなかったら話の話題にも、ブログにも書けないし、だったら汚い字いちいち見せるなよと思います。なんでしょうね。その伝統っぽさをすごく店の雰囲気として見せたいような気持ち悪い空気を感じました。ほんとこんな店さっさと淘汰されてなくなればいいんじゃないですかという気分になっただけでした。

いくら味がおいしくても、わざわざ読めない汚い字を書いて客に見せつけておいて、何がしたいんでしょうか。オーナーの頭の中が知りたいです。

たぶん、実際にお店にいってその雰囲気のなかで食事しないと、なぜこれだけ怒るかはわからないと思います。本当に腹が立ちました。まぁ、もう二度と行きませんが。。

店の雰囲気とかじゃなくて、味で勝負してほしいです。ま、確かに味で勝負できるかといわれれば、推して知るべしでしょうが。。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です