[レビュー] Panasonic体組成計(EW-FA13)は乗るだけで全部測れるし個人の識別してくれるし履歴も取ってくれるし安いしコスパもいい

Panasonic 体組成計 ホワイト EW-FA13-W

体重計の最近の進化はすごいですね。昔はそれこそ馬鹿でかいハカリのような・・・・やめときましょう。とにかく、最近は体重だけでなく、色々な体組成計機能が盛りだくさんです。その中でも、とにかく簡単に色々測れて楽しい体組成計を買ったのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

パナソニックEW-FA13開封レビューと基本性能

私が購入したのは白です!ピンクもあるようです。

wpid-wp-1438085331990.jpeg

思ってたより全然小さいですし、重くない。

wpid-wp-1438085349620.jpeg

ガラストップに金属の計測用板が4枚ついたシンプルな見た目。中央の4つのボタンには凹凸はなく、タッチして使うようになっています。液晶は上下2つに分かれていますが、下の細い液晶は過去のデータを表示させて比べることができるようになっています。

この体組成計で計測出来るものを羅列するとこれだけあります。

  • 体重
  • 体脂肪率
  • 内蔵脂肪レベル
  • 皮下脂肪率
  • 基礎代謝
  • BMI
  • 筋肉レベル
  • 骨レベル
  • 体年齢
  • 過去比較

これだけ測れるので、基本的に何かが足りない!不満!というようなことは無いと思います。こんなに沢山計測出来るっていっても、数値の意味がわからないよ!というそこのアナタ。安心してください。液晶に、低い・標準・高いのどこに位置するかメモリが表示され、一目で確認出来るようになっています。骨レベル4.5、とか出てもいったいいいのか悪いのかわからないですよね。年齢による適正値も含めて標準からどれくらいはずれているか等確認出来るのは非常にいいです。

動作は、単4電池4本で動きます。ただ、電池はついていません!事前に用意しておくのをお忘れなく。

wpid-wp-1438085360070.jpeg

裏に足が4つついていますが、この足部分が感知式になっており、電源が入っていない状態で乗ると、自動的に計測を開始してくれます。

厚さも非常にスリムです。立てかけて置いておくことも出来るので、収納も便利。

wpid-wp-1438085363859.jpeg

薄いと、ものすごくスタイリッシュに見えます。ガラスとホワイトとこの薄さで、結構カッコイイ。四角いカタチも好きで、これにしてよかったと今のところの満足度は高い。


最初に登録したら、後は乗るだけ全部計測&記憶

一番最初に、生年月日(年齢)、身長、性別を入力し、個人登録します。最大4つまでセットできます。この個人設定をすることにより、乗るだけで個人を識別し、計測・記録してくれるのです。この一見地味でどうでもよさそうな機能、実はこれがめちゃくちゃいいです。スイッチ入れるのにいちいちスイッチいれたり触ったり、個人データを選んだりするのって、わずらわしいんですよ。ほんのちょっとのこの手間。この手間がないだけで、すごーーーく快適なんですよ。かがんだりする必要が全くない。ちょっとのストレスが、体重計に乗ることから遠ざけたりしてしまうものなんですよね。。あと、自動で記憶してくれているのもいいですね。

つまり、買って最初に設定してしまえば、あとは、

乗る→確認する→過去と比べる

の繰り返しです。生活の中で習慣にしてしまえば、らくらくレコーディングダイエット効果があるんじゃないかと自分ではひそかに期待していたりします。毎日自分の数字を見ていたら、だんだん数字が減るのが楽しくなるかなーと。。

wpid-wp-1438085354445.jpeg

そんなダイエットにはげむ方にうれしい機能もあります。これがなかなかチープで笑ってしまうのですが、なんと

前回の計測より体重が減っていたら、キラキラが出ます

出典:パナソニック

これ、いざキラキラがでると地味に、

すごーーーくうれしい。

なんだこれ。こんなチープな表現なのに、すっかり有頂天になってしまうぞ。。ごほうびキラキラという名前らしいです(笑)。

これだけの機能が付いて5000円しないコストパホーマンスの高さ

気になるお値段ですが、私はAmazonで買いましたが4000円台でした。これだけの機能がついて国内メーカー品で5000円を切るというのは信じられないくらいコスパがいいと思いますが、最終的にはそれぞれの方の納得具合だと思います。ただ、毎日計測しながらずっと何年も使う物なので、そういう点からみてもやはりコストパフォーマンスはいいと思いますよ。

注意点

ひとつは、上にも書きましたが、電池が付いていないので用意しておきましょう。

それと、これは私には縁のないことですが、プロスポーツ選手などのバリバリ運動する体をしている方は、電気抵抗の関係などから正しい数値が出ないことがあるそうです。そういう方は、それ専用の体組成計や、スポーツモードがある体組成計を選んだほうが良いと思います。

気になる方はこちらからチェックしてみてください。

パナソニック 体組成計 ホワイト EW-FA13-W

新品価格
¥2,559から
(2016/3/14 02:36時点)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です