[画像レビュー] 自撮り棒を実際使ってみたら地味に便利

今やスマホでセルフィー写真は当たり前というか必須機能になってます。自撮りカメラも性能が良いものが増えてますよね。

反対に、問題になっているのが自撮り棒。観光地では見ないことがない。それくらい使ってる人を見ますが、色々社会問題にもなってます。

どれほど便利なんだろうと実際使ってみました。確かにいい、コレ。

1000円台で買えるものも多く、気軽なわりには使えるぞコイツといった感想です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

わりとしっかりした自撮り棒P1

wpid-wp-1448813663432.jpeg

セルフィースティックと書いてますね。80cmって結構長いと思うのですが、なんせ初めて使うのでどれくらいのものかは不明。

wpid-wp-1448813669062.jpeg

裏に英語で色々説明書いてますが、あまりわからない・・触ってみればわかるかなということで開けちゃいます。

wpid-wp-1448813675194.jpeg

ははーん。なるほど。結構考えられてますね。作りが。ストラップも最初から付いてます。腕に通して棒を持つわけですね。シャッタースイッチ部分はBluetooth通信のものなので、電池式になってます。ボタン電池か。

wpid-wp-1448813685443.jpeg

スマホ固定部は、くるっとまわして収納できるんですね。素晴らしい。固定も、このネジをくるくるして固定と。簡単。

wpid-wp-1448813682111.jpeg

スマホ固定部は、上をひっぱるとバネになっていて、伸ばせると。で、スマホを挟む構造になってます。結構バネのチカラが強いです。しっかりホールドされます。確かに自撮り棒はスマホのホールド性はかなり重要ですもんね。落ちたらシャレにならないし。

スイッチ部分は外して使うことができる

wpid-wp-1448813679139.jpeg

これが一番の驚き。スイッチ部分は外せる!Bluetoothなので、指輪みたいにこのスイッチをもって、カチッと押すことが出来るわけです。なかなか小回りの効いた作りになってますよね。

wpid-wp-1448813690769.jpeg

もちろん、スイッチを外さずに手元でスイッチを押すことも可。通常はこのスタイルで十分ですね。

80cmは十分な長さ

さて、肝心の自撮り性能ですが、伸ばしてみると、かなり長い!びっくりです。スマホをつけると、それなりに重さを感じます。が、作りがしっかりしているので安心感はあります。

wpid-wp-1448813693579.jpeg

こんなに伸びます!セルフィーで撮ると、かなりの人数の集合写真が撮れてしまいます。これはいい!!角度を調節すれば棒が映り込むこともなく、ごくごく自然な集合写真に。

確かに長さはある程度あるほうがいいですね。キレイに撮れると結構感動します。

ただ、、棒を長く伸ばすと、確かに場所によっては周りの人に迷惑をかけてしまうこともありそうです。

最近は電車のホームでも架線などがあるので自撮り棒禁止のポスターがあったりします。人の多い所では控えるほうがいいと思います。ただ、どこでも使えないわけではないですし、旅行だとかなり大活躍しますよ、これは。

自撮り棒は短く収納してカバンに入れておけば場所も取りませんし、飲み会でセルフィー撮ったり、ちょっと使いにはかなり便利に使えます。

今回の機種は、後継機が出ているみたいなので、気になる方はこちらからチェックしてみてください↓↓

SoundSOUL(サウンドソウル) 自撮り棒 Bluetooth 自撮り棒 iphone 自撮り棒 android 無線 セルカ棒 iphone ゴープロ gopro シャッターボタン付き 伸縮スティック P2(ブラック)

新品価格
¥1,499から
(2016/2/21 00:02時点)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です