[画像] ハクキンカイロが使い捨てカイロの100倍イイ!しかもカッコイイ

この冬、ずっと前から見たことがあって気になっていた、ZIPPOライターみたいなカイロ、そう、ハクキンカイロを買いました!

結論から言うと、とんでもなくイイものを買ってしまった。。なぜ今まで買わなかったんだというレベルのものでした。

早速紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

ハクキンカイロとは

wpid-wp-1450192232698.jpeg

ドーーーーーン!

どうですか。これがお店にポンと置いていても、買わないかも・・・というようななんともレトロなデザイン。ハクキンカイロは90年も前からあったというとんでもない歴史をもつガジェットなんですね。昭和の人は、カイロといえばコレだったというくらいメジャーだったものです。

今は使い捨てカイロしか見ませんし、カイロといえば使い捨てのものを今では指します。これは使い捨てではなく、燃料補給型のカイロです。

wpid-wp-1450192357127.jpeg

裏を見ると仕組みが書いてます。

オイルが気化して白金の触媒作用で酸化反応が起こり、その熱でカイロとしてあたたまるという仕組みのものです。

今の使い捨てカイロは空気と反応して暖かくなるので、真空密封状態で売っていて開けたら温まりますが、これは気化するオイルを入れて、反応開始に必要な熱を与えるとそこからスタート。最大24時間保温が続きます。

カッコ悪・・否、カッコイイ!

wpid-wp-1450192244409.jpeg

中は本体とケース、補給補助用のピンクのろうとと説明書が入ってます。

wpid-wp-1450192251756.jpeg

これが本体です。カッコイイ!輝いてます。穴の開き方も効率的な意味のある穴なんでしょうが、デザインとしてみても非常にカッコイイ。そして角がラウンドになっていて、とてもなめらかで美しい。iphone5sよりは太いですね。iphone6くらいですかね。なんかスマホの紹介みたいですね。

wpid-wp-1450192257821.jpeg

フタをあけると、まんまライターじゃないかというような頭が姿を見せます。ここに火を数秒かざして熱を与えてやるんですね。

wpid-wp-1450192262916.jpeg

頭も外してやると、ワタが見えます。ここにベンジンオイルを染み込ませて使います。まさにジッポですね。

wpid-wp-1450192268714.jpeg

ヘッドの裏はこうなってます。これがプラチナかな。この触媒に気化したオイルが接触して反応するということでしょう。

とにかく、見た目がとてもかっこよく、すごく気に入りました。使い捨てカイロなんかとは全然違う。

オイル入れるのも簡単

オイルは色々調べた感じだと、専用のものを入れるのが一番良いようです。臭いがとくに一番マシとのことですが、まぁ最初だし、素直に純正のものを買いました。

wpid-wp-1450192588783.jpeg

500mlで600円ちょっとだったかな?1回2~30円くらいでしょうか。ちゃんと計算していませんが、うまくやれば使い捨てカイロより維持費が安くなるようです。1年にカイロが必要な日はそこまで多くないかなということを考えてもまぁその辺はあまり私は気にしないのでよし。

ネット記事をみる限りではコスパも良いようです。

wpid-wp-1450192591889.jpeg

しかしこの顔・・・どこまでもついてきますね・・・夢に出てきそうな・・・満面の笑みがこんなところにあるとちょっと怖い・・・

このオイル、入れるのがとても簡単で楽しいくらいです。

wpid-wp-1450192272378.jpeg

こいつをつかってオイル補充するのですが、これがまたよく出来てる。

挿して、オイルを注いで、線まで入れたら、ひねって補充。これだけ。

wpid-wp-1450192275127.jpeg

90度ひねると、穴が見えると思いますが、この穴から下にオイルが落ちて補充される仕組みになっています。

つまり、補充量をちゃんと測ってからこぼすこと無くキレイに補充することが出来るのです。

wpid-wp-1450192277683.jpeg

こんな感じで、オイルを線まで入れて、ひねる。2杯満タンで24時間なので、1杯半で十分1日持ちます。

ゆたんぽのように芯から暖かく、しっかりずっと温かい

火をかざしたら、フタをして袋に入れます。金属なのでこのままむき出しだと、熱くてさわってられないくらいに熱くなります。

wpid-wp-1450192283151.jpeg

袋に入れると、ちょうどいいカイロの暖かさになります。あとはポケットに入れるもよし、専用の別売りベルトに入れて腰に当てたりするもよし、使い方は人それぞれ。

wpid-wp-1450192280322.jpeg

フリースっぽい生地です。ぽかぽかと本当に温かい。使い捨てカイロは、外に出しているとすぐ冷えますし、ポケットに入れていると熱くなりすぎます。ハクキンカイロはもう少しおとなしいけど遠赤外的な自然なぬくもりです。お腹に当てていたくなる感じですね。この温度感も非常に気に入りました。毎日、朝オイルを補充しています。ジッポライターのオイルも使えるようですね。

ニオイが気になる人は確かにいそう

気になるところといえば、やはりニオイでしょう。オイルは気化するので、まさにZIPPOオイルのニオイがします。気になる人はここはマイナスポイントでしょう。

しかし、私はそもそもZIPPOオイルのニオイが好きで好きで、そのためにタバコを吸わないのにZIPPOライターを持っているという変態ですので、むしろプラスポイントですが、嫌な人は嫌かもしれません。気化した空気は上に上がってくるので、カイロの直線上の上空はオイルのニオイが多少します。ただ、上空に顔を持ってこないとか、上空をなにかで遮られていればニオイません。隣の人にはニオイが行かないくらいのニオイ。せいぜい自分だけが臭う程度だと思います。

デザインとニオイで私は気に入ったのでこれからも使い続けたいと思います。ハクキンカイロはそれこそ何十年もずっと売っていて、部品やオイルなども今後も入手し続けることが出来そうなので、そういう点でもエコな点でもおすすめな一品ですね。

ハクキンカイロ ハクキンウォーマー スタンダード 1個入 【保温約24時間】

新品価格
¥3,034から
(2016/2/20 23:29時点)

ハクキンベンジン カイロ用

新品価格
¥678から
(2016/2/20 23:29時点)

カイロベルトマジック

新品価格
¥420から
(2016/2/20 23:29時点)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です