[書評] 狭小邸宅 新庄 耕 家を買いたいと思っている人やリーマンは是非一読あれ

狭小邸宅 (集英社文庫)

営業の人!是非一読あれ。読みやすい文体で、1日で読めてしまいます。営業に限らず、ビジネスに携わる人は何かしら学ぶところがあるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

不動産業界の闇が面白く描かれた作品

舞台は一戸建ての家を売る不動産業界。一生に一度の買い物と言われる家を売る商売、普通の小売業などとはやはり全然営業も違っていて、一般消費者でしかも買ったことのない人にとんでもない金額の物を買わせるという大変なお仕事なわけです。そのためにはまぁ、とんでもない泥臭くて地味な、それでいて智慧を絞った営業が必要になるわけです。

主人公は新人の営業マン。まだ全然家を売ることが出来ません。その主人公の成長を通して、不動産業界という業界のリアルが垣間見れるという非常に面白い本です。業界関係者はもちろん、まったく違う土俵の人ほど楽しめるのではないでしょうか。

職場が超絶ブラック

日々の怒号はもちろん、殴る、蹴るの暴力も当たり前。客に売りつける事を、殺すと言うというなんとも殺伐とした職場が描かれています。まぁ、想像していた通りの業界なんだなーという感想ではありますが。とにかく騙して騙して、騙し倒して、売ったもん勝ち。やはりお金まわりは良さそうですが、完全実力主義。スゴイ世界ですね。

金融と不動産はどうしてもそういうブラックなイメージがありますが、この小説の会社は不動産の中小企業といったところで、とにかく労務うんぬんが全く守られることのない、ブラック企業。週休0日で朝から終電近くで、入社した人の半分以上がやめてしまう苛酷さ。

私だったらどうだろう、続くだろうか。などイメージしながらグングン読み進めてしまいます。ただ、ブラック感を伝えたい作品ではないと思います。そんな中で主人公が葛藤して仕事とは何かということに向き合っていくというストーリーです。


主人公がダメなやつで応援したくなる

主人公がこれまたダメなやつで、とにかくダメというわけではなく、いい大学出て、一生懸命仕事しているように見えるが、結果が出せないという状態。ま、はっきりいって新人ですからそりゃそうなんですけれど、なんせ不動産の営業ですから、とにかく教えてくれる人もいなければ売れなければゴミ扱いされ、ますます仕事がまわってこなくなって結果が出せないというスパイラル。

そんな主人公が、とにかく自分で納得出来るまで必死にくらいつき、少しずつ仕事を教えてもらいながら成長していきます。その過程が、社会人が誰でも通るような部分もあり、仕事とは何かということを、不動産業界という仕事を通じて俯瞰的に見つめることが出来ると思います。

これはビジネスマンならきっと何かしら思う所が出てくるはずです。特に若い方はふーんくらいでも読んでおくと何かしら感じる所があるのではと思います。

似た作品に、ビアボーイという小説があります。これに近いかな。コチラもおすすめです。

ビア・ボーイ (PHP文芸文庫)
PHP研究所 (2011-09-16)
売り上げランキング: 6,677

家を買いたいと思っている人にはもっとおすすめ

本当にこの本をおすすめしたいのは、家を買いたいと思っている人です。検討している人には一度この本を読んでみるのはアリだと思います。

物を買う時は、売る業界のことを知っておくにこしたことはないですから。ましてや一生の中でも最も高い買い物なわけですから、情報収集はするにこしたことはないです。

家はとても長い時間関わるものですし、住というのは人生でも大きなウエイトを占めています。なので答えはないと思います。買っても賃貸でも、その人が満足すればそれでいいんです。ただ、少なくともその業界のことをストーリーを通して知れるというのは楽しいですしすぐ読めるという点でもおすすめできます。

新品でも400円くらいです。気になる方はこちらからどうぞ。

狭小邸宅 (集英社文庫)

狭小邸宅 (集英社文庫)

posted with amazlet at 15.10.13
新庄 耕
集英社 (2015-02-20)
売り上げランキング: 3,932
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です