オーラクリスターゼロの使い方の違いでここまでの差が?!

ずっと気になっていた口臭を、その原因から対処するという薬用口臭対策のオーラクリスターゼロですが、使い方を間違うだけで、全然効果を感じられなかったり、すぐに効果が切れてしまう、というケースがあるようです。

液体歯磨きのイラスト

ただ、そういう口コミを見ていると、どうも使い方を間違っていたり、単純に勘違いしている方が多いようです。

一体、どういうことなのでしょう。

そもそも正しい使い方とは?

オーラクリスターゼロは、口臭がすぐに消えて効果が長持ちという口コミが多く、そもそもそれはホントなの?なぜなの?みんなに効果あるの?と、気になるところですが、これは口臭の元のとなる原因菌に直接効くというコンセプトで作られているから実際に効果があるわけです。口臭の原因菌は3種類あるということがわかっており、それらの菌を殺菌するからすぐに効果があるんですね。

いわゆる香りでごまかすタイプでないということです。ファブリーズがあれだけ売れているのも香りでごまかすタイプではなく、原因菌に直接効く商品だからですよね。

このオーラクリスターゼロも同じです。口臭の元となる原因菌を殺菌するので、口臭がしなくなるんです。

けど、人間は1日3回くらい食事をしますし、コーヒー飲んだりおやつ食べたりするので、そのまま放っておくと原因菌もそのうち増えていきます。

歯を磨いている女性のイラスト

では、菌がより増えてしまうのはどんな場合でしょう。食べカスがたくさんあると、菌にとってエサがあるのと同じなので、一時的に殺菌して菌を劇的に減らしても、そこからまたすごいペースで増殖していってしまいます。

そう、つまり口内環境をできるだけ清潔にしてやってオーラクリスターゼロを使うと、菌を殺菌して、そこからなかなか菌が増えていかず、キレイな息を保つ時間がグンと長くなる、というわけです。どういう商品かを知ると、対策もそりゃそうかという単純なことかもしれませんが、そういうことなんです。

なので、ブラッシングや歯間ブラシ、舌ブラシを併用してやると一番効果が高いです。

うーん、、、、でも、それっていつもできるわけじゃないですよね。なんせオーラクリスターゼロの最大のメリットは、持ち運びが出来て、いつでもすぐに使えるというところですから。

では、そんなヒマがないような忙しいときはどうしたら良いのでしょうか。どうすればオーラクリスターゼロを効果的に使えるか検討してみましょう。
3大口臭ケアを同時に!薬用オーラクリスターゼロ



忙しい時も効果持続するワザ

いつもカバンに忍ばせておけてすぐに使えるのがいいところなので、例えば仕事中、これから人と会う予定、この後会議だ等、予定がわかっている場合に口臭対策したいケース。

この場合、時間が決まっている予定なので、直前にお手洗いへ行き軽く口をゆすぎ、その際、特に舌を口の中で動かして気持ち舌を洗ってやる(?)ように口をゆすいで舌を中心に口の中全体にスプレーが行き渡るようにプッシュして使うと効果的かと思います。

デンタルフロス・歯間ブラシのイラスト

ではさらに、突然の会話等で、今すぐ口臭を消したい場合、口をゆすぐ余裕もなさそうな場合はどうしたらよいでしょうか。

その場合は舌全体にしっかり数回プッシュしてやり、口の中で舌を動かして歯や歯茎含め口の中全体にオーラクリスターゼロの液体をなじませるようにすばやくモゴモゴしましょう。

この一手間で全然効果持続が違います。口臭の原因は舌の舌苔から臭うのが多いので、舌を意識してやるということがポイントになります。

持ち運びできる!すぐにシュッとして口臭消えます!だと、ちょっと具体的な使い方が見えないですよね。なのでちょっとリアルな書き方になってしまいましたが、口の中を殺菌してやるんだというのをイメージしながら使うことにより、何時間も口臭を気にしないステキな生活を送っていただきたいです。

定期購入ならすぐにやめられるし安く買えます

オーラクリスターゼロの効果にギモンを持っていた方も、もし気になったのならぜひ定期購入でお試ししてみることをおすすめします。定期購入だと今なら27%オフの3540円から買えますし、気に入らなければすぐに解約することも出来ます。

また、定期購入にすると、初回に舌ブラシも付いてきます。これでより効果的にオーラクリスターゼロを使うことが出来ると思います。

複数本購入だとさらにお得に買えます。長く使いそうならそちらにするとよりコスパがよくなるでしょう。

気になる方はぜひこちらからチェックしてみてください。
口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です