着物売るなら今!買取需要がきてるワケ!高く売るには?

着物がご家庭のタンスや押し入れに眠っている、全然着ていない・・・特別必要があるわけじゃないけど、捨てるには忍びない・・という家庭は実は日本にはかなりあるそうです。

実は今、着物の買取需要が来てます!日経ビジネスに、こんな記事があります。

要は、外国人観光客に着物が売れる、と。日本文化の良さに気づいてもらえるようになったからなのか、日本が観光に力をいれたからか詳細は定かではありませんが、日本に着て着物が欲しい!と外国人の方がバンバン買っていくそうな。

ものというのは需要があれば高く売れるわけで、もし必要ない着物があれば、簡単に今なら高額にお売り出来るかもしれませんよ!ということで是非オトクな情報を知って検討していただければと思います。

今、着物を売るとお得な理由って?

冒頭でも言いましたように、今、外国人観光客の方に日本文化が注目を集めています。日本の衣装と言えば、やっぱり着物ですよね。その奥深い美しさ、質の良さに、観光客がおみやげとして買っていくわけです。

・・・ところがですよ。みなさん、よく考えてください。

着物って、すごく高いものですよね?

普通に買うにしたって、おいそれと買えるものじゃあないです。それを、観光のお土産に買うって、相当なお金持ちじゃなきゃあ出来ないわけです。でも、需要はある。

そこで中古の着物が注目されています。実際、観光客の方たちにも中古の着物が売れているようです。今、まさに中古の着物は需要があるのです

記事にもあったように、日本には眠っている着物が相当数あるそうです。需要があるとわかり、高く売れるとなると、おそらくこれからたくさんの方は着物を売り始めると思います。つまり、需要に合わせて供給が増えてきます。供給が増えてくると、当然買い叩かれるようになりますので高く売れなくなります。

・・・そうです。つまり、いらない着物は少しでも早く売ることをおすすめします!見積もり無料で買取出張に来てくれたりと買取サービスも充実してきてる今こそ家で眠っている着物を売る良い時期だと思います。

それに、外国人の方達が日本の文化を好きになってくれるというのもうれしいですよね。今使っていないものが、他の人に使ってもらえる。観光のお土産に、笑顔で買っていってくれると考えると、なんというか着物もきっと幸せなんだろうなと思います。やっぱり着てこその着物ですからね。日本人がすっかり着なくなったと思ったら外国人の方たちが着るようになったというのはなんとも皮肉なものですが、それだけグローバルな社会になってきているんですね。

・・・すみません、話がそれました。しかし、いざ不要な着物はあるんだけど、これが売れるのか?売れるとしたらどれくらいになるのか?どうやって売ればいいの?相場感もわからない・・という方も多いのではないでしょうか。そもそも、着物の値段ってどうやって決まるの?買い叩かれちゃうんじゃないの?と心配している方もいらっしゃると思いますので、そもそもどうやって着物の値段が決まるのかを見ていきましょう。
満足価格!着物の買取【スピード買取.jp】




着物の買取価格はどのように決まるの?

実は相場の影響が一番大きい

おそらく、貴重な柄や生地、保管状態で価格が決まると考えられている方が多いのではないでしょうか。実は、着物の買取は相場価格の影響が半分以上を占めます。そうです。需要と供給によって変動する相場価格の影響が一番大きいのです!

スマホのようにガンガン生産され、これからも新しいものが生産されていくようなものは、単純に型番やスペックなどモノの価値というもので値段が決まることが多いのですが、例えば金やダイヤモンドなど地球上での発掘量が決まっているもの、限定されているものに関しては、欲しがる人の数によって値段は大きく変わります。金なんてむしろ物質としては地球上で一番安定したモノ、なんですけどね(笑)。値段は不思議と相場で変動するわけです。

そう、中古の着物も限りある資源と同じ考えです。需要と供給のバランスで価格が決まる部分が実は大きいのです。マジで半分以上は相場で決まってきます。ですから、最初から言っておりますように、需要のある今、すぐにでも買取見積りしてもらいましょうよ!とおすすめしているわけなんですね。その他の要因も見ていきましょう。

着物の状態

中古なら、状態というのは非常に重要な要素です。着物でももちろん重要な要素です。使用頻度や保管状態は当然買取査定で見られるポイントです。

・・・が、しかし!なんとそれは査定額にすると1割程度の影響しかありません。さすがにもう何度も何度も洗濯してヨレッヨレだったりすると、買取不能です、ということもありますが。。ただ、そこまで査定に影響しないので、保管状態が悪いから・・・結構使ったから・・・と、勝手に売り物になんかなるわけない、と判斷してしまうのは早計ですよ。むしろ保管状態はあまり気にせずまずは見てもらう、というくらい積極的でもいいかもしれません。

人気の柄等

やっぱりそこはファッションですから、人気のある柄というのは当然あります。実は、地味な柄というか、シンプルな柄ほど人気があったりします。シンプルでどこでも使える、というものがやはり需要が高いからでしょう。あまりに派手だと、例えば結婚式で着るにも、新郎新婦より目立ってどうするんだ・・・ということにもなりかねませんからね。

そしてニーズという点で見ると、サイズの大きい着物も実は需要があります。ここまで読んだ方ならなぜかもうおわかりですね。そうです、外国人の方は日本人より体格の大きい方が多いからです。需要があるとやはり査定額もグッと上がります

こんな地味な着物、売れないだろう・・、こんなサイズじゃ売れないだろう・・という考えもやはり早計なんですね。やはりわからないからこそ、査定してもらうと意外と高額になって驚くというケースもあるようです。

絹100%、有名作品は高い

絹100%で織られた着物はやはり高いです。材料が高いものは、それだけ査定額に反映しやすいのは当然のこと。材料以外でも、大島袖や牛島袖など有名なものは当然ですが、高額になります。

買取会社によって異なる

実は以外に重要なのが、着物自体ではなく、査定してもらう会社ですね。

例えば、ご近所で地域密着の着物店があるとします。そこで買取してもらうと、その地域で販売されるわけですから、需要のない地域だと、やはり売値も下がる→買取価格も下がる、というのは当然です。これが、全国に販売網を持つような会社ですと、例えば全国あちこちで買い取って、売れる地域、例えば観光地などで高く売るわけです。そうなると、他の会社に取られる前に必然と高い価格で買い取ってくれるわけです。なので、実は買取会社も重要なんですね。

さて、価格についても知り、じゃあいざ売っても良いかも、見積もりくらいしてもいいかも、と思った時に、どうやって売ればいいんだ?というプロセスが知りたいという方もいるかもしれませんので売り方を確認しましょう。

3種類の売り方で便利に査定

着物を売ろうと思うと、以下の3つのうちどれかになるでしょう。

  1. 買取業者に持ち込んで査定してもらう
  2. 買取業者に出張査定しに来てもらう
  3. 宅急便で送って宅配買取してもらう

今は色々な方法があるので、自分に都合の良い方法で売るのがもちろんいいとは思いますが、出来れば出張見積もりや宅配買取でお金がかからないのがいいですよね。また、住んでいる地域によって業者に頼めるか頼めないか確認するのも大変ですよね。

【買取プレミアム】なら、いずれの方法も使え、全国いつでもどこでも買取サービスを受けることが出来るのでおすすめです。もちろん出張見積もりも無料で、査定額が気に入らなければキャンセルすることもでき、キャンセル料もかかりません
全国どこにお住まいでも申込みできて、すぐ査定に来てもらって、査定額に納得すればその場で現金を受取り、納得いかなければキャンセルで問題ありません。電話での相談も無料です。24時間365日受付なので、気になったその時に申し込めます。

また、プライバシー管理もキチンとされていますし、出張で男性の方が来るのもちょっと・・という場合に、女性査定員を指名することもできるというかなり行き届いたサービス体制なので本当にイチオシですね。

いかがでしたでしょうか。家に眠っている着物がある方、無料で見積もりだけでもしてもらうのを検討してみてはいかがですか?需要のある今、早めに見てもらいましょう。気になる方はこちらからチェックしてみてください。↓
【買取プレミアム】




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です